奈良いき課長のギリギリ日記

平日は奈良でお仕事。週末は神戸で合気道。家は大阪の毎週が三都ものがたり。リッチじゃなくてニッチな会社員生活してます

賞与査定評価の判断基準

組織における情緒的判断基準をちょっと考えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日所属部署の賞与査定評価を行いました。

 

うちの会社の場合はまず売上や入金での定められた目標に対する数値評価が各個人に対して自動的に行われます。これが50点。

そのあと、課長が部下のそれぞれの行動目標に対して達成された業績に応じて点数をつけていきます。ここが50点です。

後日その合計点をもちよって同じ部内で各メンバーの点数による評価優劣をつけていきます。

50点+50点の100点満点で表されます。

 

こうしてつけられた点数によって賞与の金額ランクが分けられます。

この辺は会社によっていろいろでしょうが私の会社ですとS、A、AB、B、BC、C、そしてDまでの7段階評価です。各ランクごとに金額に対する評価係数が決まっているのですがそのへんはややこしいので書きません。

 

この評価でDなんていうのはかなり懲罰的に悪いことをした人にしかつきません。

結果的にCが通常一番成績最下位となります。

 

ある程度社員が多い会社であればどの会社でも同じでしょうが評価でもめるのは、ほぼ同一点の社員がいたとしてどちらをS(一番良い)にするかA(良い)にするかといったところしょうね。

 

私の会社でも全く同じです。各課長としたらよっぽどの理由がない限り自分の部下に良い点をつけてあげたい。

そこでいろいろ意見交換を行い調整します。最後は意見を基に部長が決めることになります。

 

私の会社の場合ですが長年こういった作業をやっていて最終的な優劣を決めるのは営業成績やセンスなどではなく単なる上司の好みになります。この場合は部長の好み。

普段部長と仲良く話をしている社員のほうが必然的にこういったときに好評価をとっていますね。生意気だけれど仕事ができるから高い評価をされるなんてことはこの場ではおきません。生意気な社員はこういった場面では明らかに損。

「あいつは利己的だから。下げよう」「かれは利他のひとだからあげてあげよう」

これは実際に今回の査定の中で聞いた言葉ですが、そもそも利他や利己の判断は何が基準になっているのでしょう。少なくとも会社での評価基準にはありません。

ですが利他や利己などの情緒的判断基準を持ち出されると反論ができ難い。特にこういうお金が絡むような評価の場面では最終的に強く働いてしまいます。

ただ・・ですね。企業活動における利己的行動っていうのは経費をネコババしたりする以外はすべて自分の所属している会社に対しての利他的行動になり、自分のライバル会社に対しての利己的行動になります。また逆に良いものを安くお客さんに買っていただく行為はお客さんに対しての利他的行為であり会社に対しての利己的行為になるのではないでしょうか?

 

そう考えると強い営業マンっていう存在自体が利己的なものであり、こういった情緒的判断基準の場ではその存在故に評価数値はかなりマイナスに働いてしまいます。

 

私も課長になって初めてわかりましたがある程度年期の入った会社は基本的に現状の組織を維持することに自然に向かいます。このため中に所属しているそれぞれの社員の長

にあたる課長や部長の行動や思考の判断基準はいかに自分のチームが安定して成績を残せるか、問題を起こさずに日々の業務を終えることができるかに集約されていきます。

 

稼いでくるがいろんな問題も一緒に持って帰ってくる社員は実のところとっても扱いずらいのです。

 

かつて営業の鬼や、伝説の営業マンと呼ばれていた方々でも管理職になったとたん、かつての勢いがなくなってしまうのはこういったことで判断基準が変わってしまうからです。かつての自分のような部下は怖くて持てないのです。

 

こうして自分が稼いだことで大きくなった会社であっても、大きくなったが故に稼いできた人が居づらくなってしまう現象が自然に起きているのですね。

 

私自身の評価は今回もきっとC評価(ほぼ最低評価)だろうなあ・・